内緒で借りるためには

お給料日までのちょっとの間お金が必要・・・とか急な冠婚葬祭などでお金が必要になってしまうことはあります。お金を借り入れしたいけど、旦那様には内緒で借りたいということもありますよね。

 

誰にも内緒で借りることは可能です。でもどこで借り入れしてもバレずに借りれるわけではありません。
内緒で借り入れをしたい場合には、契約する前にいくつか確認をしてからにしましょう。

 

例えば、郵送物などが送られてくる場合があります。その際に「カードローン」などのワードが入っていると家族に気づかれてしまうことがあります。その場合には銀行のカードローンなどを利用すると、送り主名が銀行名になっているので、怪しまれずにすみます。インターネットからの申込みなどの場合には、郵送物なしでやり取りができる場合もあります。利用明細書を毎月郵送物として受け取るのではなく、ネットで確認するサービスを利用するとよいでしょう。

 

借り入れの審査の際には、勤め先の在籍確認のために会社に電話をかけることもあります。その際に会社にバレてしまうのでは・・・と心配になるかもしれませんが、在籍確認の際には会社名ではなく個人名などで行うために、会社にはカードローンの審査とバレてしまうことはありません。勤め先に連絡されて借り入れがバレてしまうと困るからといって、勤め先の連絡先をウソの記載をしたりするのは絶対にやめましょう。審査の際に不利になって、通らなくなってしまうこともあります。

 

念のために、カードローンの申込みの際に、「内緒で借り入れをしたい」という旨を伝えておくのもよいでしょう。念には念をです。会社側も気を遣ってくれるでしょう。

 

パートやアルバイトで収入のある主婦の方であれば、収入証明書や旦那様の同意書などの必要もなく身分証明書だけで借り入れができるところを探しやすいでしょう。でも、全く収入のない専業主婦の方の場合には、旦那様の同意書などの書類の提出を求められるケースもあります。そうなると、旦那様に内緒でお金を借り入れるのは厳しいでしょう。ただ、総量規制の対象外となる銀行などの商品で専業主婦でも借り入れできるところもあるので、確認してみましょう。