カードローンの審査に通るか不安な人

お金を借りる時には必ず「審査」を受けなければいけません。ちょっと前までは、お金を借りる時に「担保」や「保証人」を付けるのが普通でした。そのため、実際にお金がなくて返済が出来ないという場合でも、本人以外の何かで返済出来るように対処していたわけですが、最近のキャッシングは「担保」や「保証人」が無くても借りれます。そのため、金融会社としては踏み倒されないように、貸す前にきちんと調査しなければいけません。そのために「審査」があり、審査することによって金融会社側も『この人に本当にお金を貸しても大丈夫なのか・・・』という部分を判断します。

 

審査には2通りの審査手順があります。まず、金融会社側で申込み用紙の内容を見ながら申込者が実在の人物かどうか、申込用紙に嘘の記入がないかどうか調べます。

 

金融会社は、「信用情報機関」のデータベースから、その人の借入状況を確認します。過去の延滞や、今現在何社から借入をしているのか。このデータは他の金融会社と共有しているため、例え、申込用紙に嘘の借入状況を記述しても簡単に嘘がバレます。

 

なので、申込用紙は『必ず真実を記入しましょう』。借入は信用問題が大きく係るので、嘘がバレたところで信用が無くなります。その情報も他の金融会社と共有されてしまうので、今後の借入にも大きく関わってきてしまいます。

 

申込用紙は真実を正しく記入し、誤字脱字が無いように気をつけましょう。