キャッシングの注意点

キャッシングは、今の時代インターネットだけで手続きができてしまうので、とても気軽に利用できるものになってきています。わざわざATMに行かなくても、指定した口座にお金を振り込んでもらうこともできるし、担保や保証人も基本的には不必要です。また、必要な時にすぐに融資を受けられるので本当に便利になりました。この手軽さでキャッシングを使いすぎてしまう前に、キャッシングの注意点についてお話します。

 

 

キャッシングは、自分の口座にお金が振り込まれたりするために、自分のお金と勘違いしてしまいそうです。でもあくまでも借りたお金なので、必ず返済をしなければなりません。借りたお金には必ず利子がつきます。借りる額が少なかったり、短期間で返済できるのであれば利息も微々たるものですむかもしれません。でも、借りる額が大きかったり、長期にわたって返済が続くと毎月の利息だけでも想像以上の返済額になってしまいます。
一般的に銀行が利息が低く、消費者金融などの利息が高く設定されていると言われています。その分銀行の審査は厳しく、一方の消費者金融の審査はゆるめになっています。もし審査に問題のないようでしたら、金利の低い銀行での借り入れがオススメです。

 

キャッシングの利用し過ぎにならないようにも注意が必要です。キャッシングであれば利用限度額内であれば何度も借り入れが出来る場合もあり、自分のお金を引き出しているだけの感覚になってしまいがちなので、気をつけましょう。また、複数の会社からキャッシングをすることも可能なので、気がついたら数社から借り入れをしている・・・なんてことにもなりかねません。複数社利用していると、返済期日が異なっていたり、金利や返済額も異なるので管理も容易ではなくなってしまいます。万が一、返済に遅延してしまったら大変です。何度も遅延が続いてしまうと、ブラックリストといわれるリストに要注意人物として記載されてしまいます。
必ず自分の返済能力を超えない範囲内でキャッシングをすることを心がけましょう。