専業主婦のキャッシング

専業主婦の方でも、急にお金が必要になる時がありますよね。
もしかしたら、旦那様には知られることなくお金を借りたいという時もあるかもしれませんね。

 

そんな時に便利なのが、キャッシングです。

 

パートやアルバイトなどのちょっとした収入でさえない専業主婦であると、お金を借り入れできないと思ってしまいますよね。でも実際には、キャッシングできる場合もあるので知っておくと役に立ちますよ。一般的にキャッシングというと、銀行のカードローン、消費者金融のキャッシング、信販会社のキャッシングなどが考えられます。収入のある人であれば、どこの会社のキャッシングサービスに申し込むことはできるのですが、収入がない人の場合は借り入れできる場所が少なく選択の幅がせまくなってしまいます。とはいっても借り入れができないわけではありません。

 

少し前であれば専業主婦の方にも割と簡単にお金を貸してくれるところが多かったのですが、借金苦によるトラブルなどから救済する目的で作られた法律総量規制というものが制定されてから状況が変わりました。

 

総量規制というのは2011年に制定されたのですが、年収の3分の1までの額しかお金を貸してはいけないという決まりや、収入のない人がお金を借り入れる際にはいろんな書類の提出なども義務づけられることになりました。

 

例えば、専業主婦がお金を借り入れる際には、旦那様の年収の3分の1の額までしかお金を借り入れることができないという制限があります。また手続きの際には、旦那様の同意書や旦那様と婚姻関係にあることが証明できる書類などの提出が必要になってしまいます。

 

手続きが複雑になってしまっていることなどから、消費者金融は専業主婦への貸し出しをしぶるようになってしまったのです。一部のレディースローンなどでは借り入れができるのですが、書類の提出内容は変わらないので、消費者金融で旦那様に隠れてお金を借り入れるのは厳しいでしょう。きちんと旦那様の同意書などの書類が用意できる場合には、もちろん借り入れが可能です。

 

この総量規制は貸金業にだけ適用されるものなので、銀行業には関係ありません。そのため、銀行のキャッシングであれば専業主婦の方でも借り入れができます。しかも、婚姻関係を証明する書類や配偶者の同意書などの煩わしい書類の提出の必要もありません。

 

銀行のキャッシングであれば、専業主婦の方でも旦那様に内緒でお金を借り入れることができます。借り入れできる額には制限があり、収入のある人ほどまとまった額は借り入れできない場合が多いのですが、それぞれ設定されている金額が異なるので事前に確認してから借り入れ手続きをしていきましょう。金利についても借り入れ額や会社によって異なるので、きちんと確認した上で借り入れするようにした方がよいです。

 

キャッシングをするからには返済の義務があります。特に専業主婦であれば、返済は容易なことではないでしょうから、返済できる目途がある上で借り入れをすることをおすすめします。

 

 

更新履歴